ダイエットに成功するには

生産性を上げたい

ダイエットに成功するには

From:海東和貴
自宅の書斎より

そのLINEグループをみるのは、
朝の5時過ぎ。

おはよう、と4文字の呟きがなされる。

まだ温かい布団の中にいたいが、
ブルーライトと、競争心とによって、
眠い体に活を入れる。

暗い階段を降り、シャワーを浴びる。

* * *

主催している勉強会があります。
3週間に一度、メンバーである経営者が一堂に会し、
お互いの目標の進捗報告をするというもの。

これによって何を意図しているかというと、
「自分との約束」を
「人との約束」にしているんですね。

多くの人は、自分との約束を守りません。
ダイエットや禁酒、禁煙を宣言しているのに、
それがなかなか継続しないのは、
まさに「自分との約束は破りやすい」からです。

でも、ビジネスをしている以上、
取引先に提示している「納期」は守りますよね?
これはつまり、
「人との約束は守る」ということなんです。

冒頭のLINEグループの話。
これは2年くらい前なのですが、
「早起き」をテーマに扱っていました。
自分だけで早起きを決めても、
目的意識が明確でないとなかなか続きません。

これを「人との約束」
(つまりは、起きたらLINEにメッセージを納品すること)
にしてしまうことで、
みんなが早起きを習慣化することができました。

つまり、ダイエットも同じ。
自分だけとの約束を、
人との約束にしてしまえば良いんです。

・目標体重を決める
・そのための手段を決める
・タイムスケジュールを決める
・Facebookなどに人に共有する
・「共有が滞ったら注意して」と仲の良い人に依頼する
・毎日、状況を報告する

これをすれば、いつかは痩せます。
「手段」の中に「パーソナルトレーナーをつける」などを入れ、
その人に向けて、食事の内容を毎回共有すれば、
目標体重への到達は更に早まりますよね。

実践したいけどできていないことがあれば、
それを「自分との約束」から「人との約束」に
シフトすることで、
ガラリと視点が変わることは間違いありません。

試してみてください。

NS-080102_edited

追伸:

目標の実現には、明確な言語化以外に、
重要な考え方があります。

因数分解という考え方です。

「六本木○丁目のビルに△までに引っ越す」
という目標って、実はちょっと
扱うアクションとして大きすぎます。

引っ越しと言えば、
かなり大きなタスクです。

因数分解すると、
・資金計算をする
・不動産屋を訪れる
・物件を内見する
・レイアウト設計を依頼する
・引越業者を選定する
etc...
と、多くのタスクに分かれます。

これを効果的に因数分解し、
配置すると、
目標の達成が早まります。

目標の持ち方と、因数分解の仕方、
その組み立て方と、
実践の仕組みを持たないと、
今お持ちの夢はなかなか実現しない場合があります。

それを手に入れる近道が、
「タスク・マネジメント能力を引き上げる」
という道です。

この小規模な投資で、
仕組み化された行動力を手に入れ、
夢と目標の実現を叶えませんか?
↓ ↓ ↓
http://rdyx.jp/task

 

Leave a Comment