モチベーションの罠

20210423_ペンシロー_editedFrom:ペンシロー
カカオ専門のカフェより

こんにちは、海東です。
じゃねーよ、ペンシローだよ。
 
「モチベーションが上がらない」なんてセリフをよく聞くな。
後輩ペンギンたちからも
モチベーションの上げ方について
聞かれることがある。
 
だがはっきりと言おう。
モチベーションなんてものは幻だ。
 
海東もよく言ってる。
「モチベーションは幻想だ」ってな。
 
生きていれば、
やる気に満ち溢れているときと
やる気が出ないときっていうのはあるもんだ。
だがそんなことを言っていては仕事にならない。
 
やる気があろうがなかろうが
やらなくてはいけないことはある。
「モチベーション」に頼っていては
埒が明かないことも多いだろう。
 
そこで読者諸兄には
「モチベーション」に頼ることが
いかに無駄なことかを考えてみて欲しい。
 
例えば
恋人に初めてプレゼントを贈るとき。
何をあげたら喜ぶだろうか
どんな色が好きだろうか
アクセサリーが喜ぶかもしれない
家に飾れる小物の方がいいだろうか
いや、やっぱり花束がいいかも…。
 
そんなことを考えている時のモチベーションはどうだ?
考えているだけじゃなく、
ネットでいろんな商品の情報を見たり
街に繰り出して実際にプレゼントを
探しに行くかもしれないな。
恋人にそれとなく欲しいものを聞いてみたり…と
相当なやる気に満ちているはずだ。
 
ところが、
そのプレゼントを送る相手が
興味ない人だったらどうだ。
 
例えばよく知らない会社の誰かが辞めるとき、
送別会で渡すプレゼントを
買ってくる係に選ばれたとしたら。
恋人にプレゼントを選ぶ時と
同じやる気を出すことはできないだろう。
 
モチベーションっていうのは
そういうことだ。
 
やるべきことは変わらないのに
相手次第でやる気が変わってしまう。
 
やる気の出ない相手に
やる気を出そうとしても無理な話だ。
 
つまり
やる気が出ないってことは
その行動の対象が微妙なんだ。
微妙な目標にモチベーションを上げようとしても
成果は出ない。
 
モチベーションが上がらない、なんてことを
考えているより、
どんな相手でも生産的に行える
アクションプランを考えるほうが
必要なことだと思うぜ。
 
<(- 彡 )з三 ペンシロー
 
 
海東のサロンもおすすめのグループだ。
 
かっこいい“ジジイ”を目指す インサイド サロン
月額800円。
メルマガには書けない「海東の今とホンネ」が聞けるという特典つき!
定価2万円の経営勉強会、無料で出席し放題!

Leave a Comment