信頼という名の洋服

20220803_クロエ_edited

From:クロエ
冷製パスタの季節です

どーもクロエです。

なんにでもそれらしい服装ってものがあると思う。
弁護士っていえばスーツ着てるし、
パティシエはコックコート
学生は制服
陽気なおじさんはアロハシャツ。

逆に言えば
アロハシャツ来てるおじさんがいたら
あー陽気なおじさんだーって思うわけで。

陽気なおじさんが教えてくれた
バーはなんか楽しそうな気がするし
それって一種の「信頼」なんだと思うんだよね。

お医者さんが白衣を着ているのも
信頼度を高めるためなのかも。
----------------------
医者が白衣を着ている理由
https://www.prf.tokyo/archives/detail/id480
----------------------

この記事によると
お医者さんが白衣を着ているのと
着ていないのとでは
その信頼度にかなりの差が出るらしい!

それは確かに!!

アロハシャツのおじさんが
紹介してくれるバーは信用できても
お薬出されたら多分飲まないもんな~。

つまり、人がお医者さんの言うことを聞くのは
お医者さんが白衣を着てるからなんだって。

海東さんの言葉、お届けします!
----------------------
あなたは、白衣を着てお客様と対峙していますか?
いえ、言葉を変えましょう。
あなたは、どんな方法で
ご自身を信頼のヴェールに包んでいますか??
----------------------

多くの事業主は何かしらのエキスパートなのに
顧客にそのことをアピールせずにいるみたい。

・顧客が自分の話を聞くべき理由
・なぜその分野のエキスパートなのか

まずはそのことを顧客に分かってもらって
信頼という名の白衣を身につけましょう!
っていうお話です!

自分だけの白衣を見つけたい、と思ったクロエでした。

 

海東さんの白衣は何だろう?

“かっこいい背中”の大人たちが集まる「待ち合わせ場所」
G大学を含めた、G BASE & Co.(ジーベース・アンドコー)
https://www.prf.tokyo/university
月額800円。
様々な企画、研修、美食部や大人の部活に参加できます!

海東さんが毎月開催している「売上アップ実践会」
8月のテーマは
【経営者だからこそ語れることがある〜人を引きつける文章を書く5つのポイント】
白衣も見つかるかも?

参加費は20,000円だけど、海東さんのオンラインサロン
「G BASE & Co.」(月額800円*税込)に入ってると
無料で参加できるんだって。

詳細はコチラ。
https://www.prf.tokyo/uaj_202208
   

Leave a Comment