事業基盤を強化・再編したい

言い訳させない

From:海東和貴
丸の内のオフィスより

私が経営参謀として
顧問に就かせてもらう企業と結ぶ契約書には、
付随書類がいくつかあります。

その中に、こんな文言があります。

* * *

実行責任:
成果が上がれば自分のおかげ、
成果が上がらなければ人のせいにする人がいます。
しかし、私たちが提供するノウハウを実行するのは、
あなたの責任です。
従って、成果が上がれば自分のおかげであり、
且つ、成果が上がらない場合も
自分の責任とお考えください。
あなたの事業です。
あなた自身が責任を持って羽ばたかせてください。
尚、部下や外注のせいで、
実行が遅れるという場合も少なくありません。
しかしそれでも、それはあなたの責任です。
「今日の天気が雨なのは自分の責任」
と捉える人こそが、本当の意味で成功する人です。

* * *

これを“逃げ”と捉える人は、
きっと弊社とは相性が合わないはずです。
この文言は、決して“逃げ”ではありません。

なぜかと言えば、
弊社では顧客がきちんと行動した上で
成果が伴わなかった場合、
返金や、無償での契約期間延長など施策を行い
「顧客が勝つこと」にコミットしているからです。

では、なぜこんな文言が入っているのか。
それは、全ての責任を自分が引き受けて欲しい
という願いを伝えたいからです。

ビジネスにおける“自由さ”と“責任”の量は
比例していると思っているからです。
責任を引き受ければ引き受けるほど、
その領域では自由になります。

何かを「人のせい」にすると、
その分野は人任せになりコントロールができなくなります。
一方、自分の責任の範疇においては
「人のせい」にできないわけですから、
全てのコントロールは自分が行うことになります。
自分がコントロールを行えば、
右に行くにも左に行くにも、
あなたはハンドル自由に操作できます。
自由さが増します。


責任を負うほどに、自由になります。
政府のせい、
人があんなことを言ったせい、
天気のせいにしていては、
その分野において自分は自由になりません。
人が動いてくれない限り、
自分の想いを実現できないからです。

責任を引き受けて、
より自由度の高い“ビジネスの操縦室”を手に入れるために、
今週できることはありますか??


サイン

 

Leave a Comment