“モチベーション”がなくても仕事が進む

事業基盤を強化・再編したい

“モチベーション”がなくても仕事が進む

From:海東和貴
丸の内のタリーズコーヒーより

唐突ですが、私は
“モチベーション”という言葉に、
人が惑わされすぎているような気がしています。

「モチベーションが上がらない」
「モチベーションを維持したい」
「モチベーションを上げる方法」


確かに、私の過去の記事にも、
部下や自分のモチベーションを
コントロールする方法について
いくつか書いたりはしています。

もちろん、モチベーションを
自在にコントロールできたら嬉しいですが、
本質的には、

「モチベーションがあろうがなかろうが
仕事がきちんと進む仕組み」

があれば良いわけですよね?


モチベーションという言葉を調べると:
「物事を進めるための,動機や意欲になるもの。」
とあります。

物事を進める“ための”とありますので、
「物事を進めること」が
ゴールなわけです。

だとすれば、どんな状況だろうとも
物事が進んでしまえば、
モチベーションという言葉に
縛られる必要はなくなります。


まず、掘り下げる必要のあることは、
・自分が何でその仕事をしているのか
・自分は仕事を通じて世界をどう変えたいのか
ということです。


例えば、こういう人がいます。

自分は子どもを愛している。
本当はずっと守ってあげたい。
でも、普通に考えると自分の方が先に死ぬ。
一生、子どもを守り続けることはできない。
だから、自分は仕事を通じて、
子どもがこれから生きる世界を良くする。

だから、仕事をする。




ここが、仕事をするにあたっての、
土台となります。


この上で、何かしらの、
仕事上の目標を設定します。

その目標とは、
「達成されるためにデザインされたもの」
である必要があります。

目標が達成できないのは、その目標が
「達成されるためにデザインされていないから」
です。


目標を設定し、
達成したときに得るメリットを明確にし、
直面するであろう“壁”を事前に設定し、
その“壁”を乗り越えるための方法を
事前にシミュレーションし、
期日を区切って、細かくアクションプランを立てる。

これを、明文化することです。
もちろん、計画通りにいかないことも
当然ながらにありますので、
「その修正に関すること」も
計画に盛り込みます。


「仕事をする理由」と、
「具体的にどんな順序で仕事をするか」を、
両軸に持っていれば、
「モチベーションがないとき」でも
仕事は進みます。


もちろん、モチベーションは
あるに越したことはありません。

でも、「モチベーションがなくても」
仕事が進めば、それはそれで
良いわけです。


“モチベーション”という言葉から
解放されたとき、
あなたの仕事にどんな変化が訪れそうですか?
 


サイン

 

Leave a Comment