俯瞰と主観、そして誕生日| 第74回

ポッドキャスト バックナンバー

[LINE風]俯瞰と主観、そして誕生日| 第74回

俯瞰と主観、そして誕生日| 第74回

「嫌われる勇気」を読んでないのに語る人、すぐばれちゃいますよ!と語る前半。

そして後半は、
お客様を紹介してもらうためには紹介してくれる方を大事にするのが一番。
でも大事にする方法って…?

今回も、 参宮橋の「こころ からだ ほぐしサロン turusan」のオーナー、鶴岡白眉(つるおかはくび)さんを話し相手に迎えてのポッドキャストです。

 

(ポッドキャスト本編の8:56~)

はい、改めて海東です。
鶴岡です。
よろしくお願いします。
よろしくお願いします。
じゃあご質問をお願いします。
はい、読みます。
国家資格を要する仕事をしています。
いつもためになるメッセージ、ありがとうございます。

国家資格を持っていれば自動的に仕事が降ってくる
ということはなく、
経営者としてはお客さんをみつけることに必死です。

紹介も重要な経路ですが、
特定の少数のお客様しか紹介してくれません。

どうすれば、多くの人が紹介をしてくれるようになりますか??
海東さん、鶴岡さんのお考え、お聞かせください。

From:しば犬
しばいぬじゃないんだ?
あっ、しばいぬさんですか?
わかんないですけど(笑)「しば」が平仮名なんですよ。
しばいぬ?しばけんさん?からです
なるほどなるほど。国家資格を有すると言うと、医者、弁護士、税理士ですかね?
うーん、そうですね。
そういう所をイメージしやすいので、そういう職業の方を思い浮かべながら聞いていただければいいと思うんですけど、このturusanというサロンも紹介のほうが多いんですよね?
そうですね。最近WEBがすごい増えて、私もこういう国家資格ではないにせよ、 何か新しいものを導入したり、新しい資格を取ったり、何かそうい方に行けば行くほど お客さんが増えるというように行きがちなんですけど、実際は集客するのってまた違うポイントというか。
うんうん確かに確かに。多分仮に弁護士さんだとすると、弁護士さんが一番欲しいのって顧問契約とか一般的には求めている弁護士さんて多いと思うんですけど、やっぱり紹介の方が多くて、おそらく顧問契約が欲しい人は紹介というよりは、何か事件が起きた時に良い弁護士さん知ってるよって紹介してくれって、紹介が多いと思うんですよ。
うーん。

紹介と紹介報酬

で、この人は弁護士さんかわからないんですけど、仮定でね。 弁護士さんに限らず、紹介してくれる人ってそんなにいないと思った方がよくて。
うーん、うんうんうん。
みんな自分のことでいっぱいっぱいなので。
うーんそうですね・・・
そんなに一生懸命思い浮かべて紹介してくれる人って、なかなかいないんですよ。
そうですね。
幸いにしてこの方は、特定の少数のお客さんが紹介をしてくれている訳なんで。
うーん、そうですね。
ことあるごとにしばいぬさん?しばけんさん?のことを思い出して、紹介をしてくれているってことが逆にラッキーだと捉えることから始める方がいいと思います。
うんうんうんうん。
でー、いわゆるなんだろな…きれいな心でありがとう言うとか、そんな話がしたいんじゃなくて、まず少数の人しかではなくて、今、既に少数の人が紹介してくれているという良い状況にあるという所に立つと見えてくるものがあって、まずその人をすごい大事にするっていうことを改めて考えてみて欲しいんですよ。
うーんそうですね。
で、わかんないんですけど、多分紹介報酬とか渡してないと思うんですね。で、もし紹介報酬を渡していないんであれば、引き続き渡さないんで欲しいんですよ。
その業種的には紹介報酬というのを渡す業種もあるんですか?
保険とか多いですよね?
あっ、そうなんだ。
弁護士さんは多分だめなんだ。だからこの方が弁護士さんであれば既に渡してないと思うんですけど。
うんうん。
まあ、法律的には渡してもいい業種で、渡しているんであれば渡したままでいいですよね。今、渡してなくて紹介してくれているんなら、渡さない方がいいと思うんです。
うんうん。
理由は、いやそんなつもりで紹介してたんじゃないんですって言って、一気に気持ちが冷めちゃうことがあり得るんで。
へーえ。
特に女性で紹介してくれる人って、その人のことを本当に好きでとか。
あーそうですね!感情。
そうそうそう、良いと思ってるから、お金もらうってなった途端、すごく冷めちゃう人と、あと、あーありがとうございます、紹介じゃあいただけるならいただきますと言いつつ、いざ今までみたいに自然に紹介できなくなってくるんですよ。裏で、こいつ金欲しいから紹介してるんじゃないかと思われるんじゃないかと思うから。
うーん、なるほどねーややこしいですね。
ややこしいんで、紹介報酬を渡してないんであれば、渡さない方がいいです。ただ、いつも気に掛けてますよってことを伝えて欲しいんですよ。
うんうんうんうん。

気にかけている姿勢を表現

それはすごく簡単で、えーっと・・・前お中元の話って、ここでしましたっけ?
どういう?
同じお中元とお歳暮の時期に渡すより、誕生日に贈った方がいいって・・・
あっしてないと思います。
してないですか?
はーい。
例えば私、アメリカンエクスプレスのカードを持っていて、毎年誕生日に届くんです、小さいものがね。当然、取引業者からお歳暮が届く、お中元も届くんだけど、あれってお中元を出すっていう行為と誕生日に贈るって行為って、実は段取りしてる時に同じことしかしてないと思うんですよ。
はいはいはいはい。
まず送り先リストをまとめますよね?
うんうん。
で、商品決めますよね?
うんうん。
お中元はお中元の発送日を入れるじゃないですか?
そうですね。
でも誕生日は誕生日を入れておけばいいですよね?
うんうんうんうん。
だから結局やること一緒なんですよね。でそれを、伊勢丹とかにこれを1年間お願いしますって渡しておけばできちゃうと思うんでお中元やる労力割くんだったら、誕生日に自動的に贈れる方がまだいいし、もっとアナログなことで言うと、どっか旅行へ行った時に、何かちょっと思い出したんで買ってきましたって、お土産を買ってきてあげる。 手紙はね、旅先からの手紙って子供からもらうとうれしいですけど、ちょっと大人からだと気持ち悪い時があるじゃないですか?
あー、なんか女性はするかも!
ああ、そうね!
そう!男性同士はないかも!
ちょっと気持ち悪いでしょう?
男性から女性はありかな?
気持ち悪くない?あっじゃあ、いやいや、気持ち悪いと思う人がいる気がするんだよ。
うんうんそうですね。
だったら、お土産を買って会う口実にもなるじゃないですか?帰ってから。
そうそうそうそう、そういうのが仕事とは関係ないんですけど、そういうのがとっても上手な子っている。
あー、自然とできる人ね?
自然にできて、しかもそんなに貰っても、貰う側も負担にならないもの。
はいはいはいはい。
そうそうそうそう。
あるかも。
ありますね。
去年・・・一昨年になっちゃうな、イタリア行った時に・・・
一昨年・・・
トリュフのオイルに漬けた梅・・・
トリュフのオイルに漬けた梅?
梅も自分たちがイメージする梅じゃなくて、もうちょっと甘みが少ないやつの、もうめちゃくちゃうまくて、
へーーーーー!
それを瓶でいくつか買ってきて渡して、うまいんですよ!一口目がびっくりするんですよね。
どんな味か想像つかないですね。
想像つかないでしょう?忘れちゃったけどでもねー、これぐらいの瓶で10粒ぐらい入ってるんだけど、まあ味は濃くてね。
へーーー。
まあ1回1個しか食べられないんですよ。美味しい、でも2個目はいいかな。で、ゆっくりゆっくり食べているうちに、冷蔵庫がだんだんトリュフ臭くなってくるんですよね(笑)
そんな濃厚なんですね(笑)
すごいよ。
へーーー。
で、最後まで食べきれないって人がみんな。まあそれはそれでネタになって良かったなと思うんですけど。
うんうんうんうん。
そういうことで気に掛けてますよってことをお伝えする機会を作っていって、その人の関係、だから紹介してくれる人の人数を増やすというよりは、その人からいただく紹介の質と数を上げていく方で。
だからまず今いる既存のお客様を気に掛けて大事にするっていう?

紹介しやすい仕組み

そうですね。紹介してくれる特に。で、その上で紹介という仕組みができるていうのが あると思うんですよ。紹介カードを作るとか。アメックスじゃないけど、クレジットカードも最近紹介だとポイントが付くようになってるんですよ。
ふーん。
まあそういう仕組みを作っていって、紹介が出やすいようにするっていうのもやっていけばいいとは思いますけど、まあでもそれよりも、今紹介してくれてる人に縁を深くすることに注力した方が、時間かけた分ちゃんと返ってくるような気がしますね。
なんかやっぱりそれも信頼関係っていうか。
あー確かにね。
なんかあと、気軽にこの人だったら話しを振ってみてもうまく対応してくれるとか、もしこの人に対しての仕事にならなくても、この人だったらきっとちゃんと何かそれにあった人を別に心地よく、気持ちよく紹介してくれるとか。
確かに確かに。
絶対にそのー、悪いようにこの人はしないから大丈夫っていう安心感があると、すごい言いやすいかも。
確かにね。そうですよね。
いやー何かあの人紹介するなんてとか、ちょっとなんかね、こうツンツンしてる人は、言いづらいですよね?
うん。まあ話関係ないけど、明らかに紹介できない人もいますからね。
あーそう、そうですね・・・きっと、しばいぬさん?しばけんさん?は大丈夫だと思いますね!
そこでいくと、既に紹介してくれる人がいるということ、その人と縁を深めるていく努力をすること、プラス何か紹介の仕組みを持つという3段階で考えていくともっと望む方に行くのかなと思いました。
なるほどなるほど。
そんな感じで答えになってますか?
では、はい!
そんな力込めて言うことではないんだけど(笑)
ザ・プロフェッショナルPodcastでは質問を受け付けています。 ザ・プロフェッショナルのメールマガジンにご返信いただく形で質問を送ってください。 よろしくお願いします。
よろしくお願いします。どうもありがとうございます。
どうもありがとうございます。

Leave a Comment