完璧主義ほど、うまくいかない理由。

新製品・新事業を開発したい

完璧主義ほど、うまくいかない理由。

今回は「何でも綺麗につくらないで」というテーマで書きます。

私の周りには、センスの良い人に恵まれているように思います。
何をやっても、何をつくらせても、
ロジカルで見た目の良い仕上がりのものがお目見えします。

一方で、中にはこういう人もいます。

センスの良いものが仕上がるんだけれども、
その「数」が少ない、というものです。
これは、能力の問題ではありません。
能力的なものを加味した上での感覚です。

実現、達成の「数」が少ない。

 

ここには、共通の理由があります。
原因と言ってもいいでしょう。

それは「完璧主義である」ということです。

 

最初から、完璧につくりたい。
完璧にやり遂げる自信がないものは、最初から手を着けない。

こういった人たちです。

 

これはこれでひとつの価値観なので、
否定する意図は全くありません。

ただ、次々と新しい価値を世に出して、
果敢に人生に挑むスタイルを望むのであれば、
それは「勿体ない」ことだなあ、と思うのです。

 

こういうとき、私がコーチするとしたらどうなるか。

「(仮)でやってみたとしたら、どうなりますか?」

そうすると、アイディアにブレーキがかからなくなります。
次から次へと、新しい願望が生まれ、実現に繋がります。

 

やるからには「完璧」にやり遂げたい。
これは、立派な価値観です。

でも、それが故に
「完璧にできなさそうだから、やらない。」
というのは、時に本末転倒であると思うのです。

 

あなたが実現したいこと。
でも、何となく進みが遅いもの。

(仮)で仕上げるとしたら、どんな未来がありますか??

Leave a Comment